マイナビエージェント

 

転職サイトのマイナビとともに有名で超大手といえます。

同様にこのマイナビAGENTも非公開求人の数ではさすがにリクルートエージェントには劣りますが、トップクラスといっても良いでしょう。

しかしエージェント界ではトップではないだけに苦悩もあるようです。

 

求職者の登録が少ない

 

最大の同社が苦悩している点は求職者の求人が少な目というところではないでしょうか?

そのため求人は多いのに求職者は少ないというアンバランスな印象を受けます。

何人かに話を聞いたり、口コミを調べていると

 

  • 非公開求人は数的には多く紹介してくれる
  • 時間をかけて対応もしてくれる

 

といった声も多いようです。

逆に求職者からいえばねらい目ともいえるエージェントと考えられます。

 

書類添削と魅力的な求人がメリット

 

なかなか自分で履歴書を作成しても内定率はアップしないものです。

その対策の1つとしてエージェントの活用がありますが、この書類添削ではエージェントによって随分と対応が違います。

まったく添削もしてくれないエージェントもいくつか知っていますが、対応もひどいものです。

このマイナビAGENTでは全員の担当者に該当するとはいえないかもしれませんが、平均的に書類添削がうまいと聞いています。

求職者のアピールポイントをうまく書類に落とし込みするような添削をしてくれると聞いています。

また担当者からのメールなどでの連絡も蜜で、放置されることも少ないといえます。

求人の数も業界的にトップではないかもしれませんが、魅力的な求人が多いように思います。

一般の転職サイトではリクナビよりもマイナビのほうが入社してみたいと思うような求人が多いように感じている人はいるかもしれません。

 

マイナビAGENTへの登録は業界では中程度の入力項目

 

マイナビAGENTの登録画面ではそこまで項目が業界的に多いということでもありません。

サイトによれば時間的には2分強かかる程度と紹介されています。

入力が一番簡単なのはtypeではないかと思いますが、それよりは若干入力に時間がかかると考えます。

これに登録すればあとはエージェントからの連絡を待つということになります。

 

マイナビAGENTへの登録をするべきか?

 

個人的にはまず登録したいのはtypeです。

求人数は多めですが、対応が丁寧で、自分の強みやアピールポイントなども把握できる可能性が高いと思います。

ここで内定を出すのが一番ですが、求人数はより多いほうが内定は早く出やすいです。

そのため求人数が多い、リクルートエージェントやこのマイナビAGENTのどちらかに登録するというのが無難ではないかと思います。

⇒ マイナビAGENTはこちらから