圧迫面接は転職でもときに行われることもありますが、面接を受ける側からすればその意図や意味がよくわからないということが多いのではないでしょうか?

圧迫面接では対応方法や合格法ということも重要ですが、その意図をしっかりと理解しておくことで実は合格法が簡単にわかったりもします。

 

圧迫面接とは?その内容とは?

 

圧迫面接とはそもそもどのような内容のものを指すのでしょうか?

 

  • 意地悪な質問をする
  • 面接官がきつい言葉使いをあえてする
  • 威圧的な態度を面接官がとる

 

圧迫面接というのはクレームのある営業職、顧客と接することの多い職種など結論からいいますと圧迫面接と同じようなストレスを感じることの多い職種で行われやすいといえます。

 

圧迫面接の意図や意味とは?

 

圧迫面接の意図や意味というのはいくつかあります。

 

  • わざとストレスを与えて、ストレス耐性を見たい
  • ストレスを与えられても冷静な対応ができるのか見ている
  • 厳しい局面でも自分の意見を言えるのか見ている
  • 厳しい局面での対応力を見たい
  • 普段あまりないような緊張を与えて、本当の性格を見たい

 

このような圧迫面接の意図や意味があって、では逆に低評価になったり不採用になりやすい行為にどのようなものがあるでしょうか?

 

  • 何度も同じ質問を深く深くされて答えられなくなる
  • きつい、威圧的な面接官の態度で回答をできなくなる
  • 面接官の態度にムッとしてしまう、感情的な回答をしてしまう

 

このような対応をしてしまうと不採用の確率はグッと高くなってしまいます。

ムッとする気持ちもわかりますが、面接官もあまりしたくもない圧迫面接をしているので内心でそのような大人の事情も理解して答えていくというようなくらいで良いでしょう。

面接官も圧迫面接は通常の面接よりも疲労することが多いのです。

 

圧迫面接の意図や意味から合格する対応方法を読み解く

 

上のような圧迫面接の意図があるわけですので、ストレス耐性を証明できれば内定率はかなり高くなります。

具体的にどのような対応をしていくと良いのかということですが、

 

  • 圧迫面接における意地悪な質問に冷静に答えていく
  • 表情を変えたりしないで冷静な状態を維持する

 

というようなところが採用か不採用の最大のポイントとなっていくでしょう。

質問に回答しても何度も深く掘り下げられたりと意地悪なところもあるわけですが、最後までできるだけ冷静になってあきらめずにできる限りの回答や対応をしていくということが内定率を上げるようになっていきます。

 

圧迫面接と疲労やトラウマ

 

圧迫面接を受けると正直いって受けるほうもかなり疲れてしまうことは多いと思いますし、場合によってはトラウマのようになってしまうこともあるかもしれません。

次に受ける企業も圧迫面接をしてくるかもしれないと警戒するようになればうでにトラウマになりかけているといえますが、

 

  • 在職中の人は今の業務でもストレスを感じることがあるので乗り越えられる
  • 退職後の転職活動では以前までの業務のストレスを感じる場面を思い出す

 

というようにして、あまり深く考えすぎないようにしてください。

転職の面接も圧迫だったりしてもたかが20分程度までです。

業務は1日8時間などかなり長いのですが、そのほとんどでストレスを感じて働いているという人もいます。

それに比べれば全然ましというような考え方のほうが転職活動はうまくいくようになります。

 

圧迫面接の意図や意味と入社するべきかどうかの判断

 

ただ上でもいいましたように圧迫面接をするということはある程度似たような状況がその職種や企業に入社してあるということも意味することが多いわけです。

この点、圧迫面接にうまく対応できても入社してずっと続けていけるかについて疑問を感じる人も多いのではないでしょうか?

 

  • 営業、現場職、折衝職であれば似たような感じが多い
  • 事務職など内勤でも社内的な雰囲気が圧迫的なこともある

 

などというような環境のところもあるので自信がなければ入社しないのも1つです。

すぐに辞めると履歴書も汚してしまうのでおすすめしません。

 

転職先企業の調べ方!人を大事にする企業の条件とは?

 

入社後に人を大事にする企業かどうかというのは非常に重要なので、可能な限り上のページの内容で確認してから入社するべきかどうかを最終判断していきましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト