転職では履歴書の作成を行いますが、同じ会社にいる間にも支店間の異動が行われることもあります。

社外の人間であるエントリー先の人事などは支店など細かい事情はわからないので、どのように履歴書の職務経歴の欄を記載すればしっかりと伝えることができるかについて解説したいと思います。

 

履歴書の支店についての職務経歴はシンプルに書く

 

履歴書の職務経歴欄はさほどのスペースがありませんので、支店間の異動の回数によってはシンプルに記載して良いと思います。

また社名変更、あるいは会社の買収などややこしい職務経歴となる場合には余計にシンプルに書くということを意識していくと良いでしょう。

たとえば以下のようなケースがあったとします。

 

  • 〇〇年 株式会社Aに入社
  • △△年 株式会社Bに買収されるなどで社名変更
  • ××年 支店異動

 

このようなときの職務経歴としては

 

  • 〇〇年 株式会社A(現株式会社B)に入社 〇〇支店に配属
  • ××年 ××支店に異動

 

というように社名変更についてはまとめるというようにしていくと良いでしょう。

 

参照

社名変更、買収、分社があったときの職務経歴の書き方

 

職務経歴書への支店異動の書き方

 

逆に職務経歴書には詳しく職務経歴を書けるスペースがあることも多いので、各行に

 

  • 社名
  • 支店異動
  • 仕事内容の変更

 

などを書いていくというようにします。

職務経歴書は履歴書の補足というような捉え方をしていくと良いでしょう。

 

履歴書の職務経歴には配属支店も書くべき?

 

上のように履歴書の職務経歴欄には配属支店はスペース的に書ける範囲で構わないといえます。

職務経歴書に支店も含めた内容を書いていくというようにしていきます。

転職回数や異動の回数が少なくて書けるというときにはすべての支店異動も書くようにしていきましょう。

逆に転職回数が多いときには下のページを参考にして、書かない職務経歴もあるということを知っておいて欲しいと思います。

 

参照

複数回転職のある職務経歴書!書いてはいけない職務経歴とは?

 

支店のたらい回しと履歴書の職務経歴

 

ケースによっては嫌がらせのような感じで何度も支店異動をさせられて転職活動をしているということもあるかもしれません。

このときには支店異動、あるいは部署異動をすべて書きたくないものですが、上のように履歴書では入社と退職を軸にして書いていくのである意味でたらい回しもバレにくいといえます。

職務経歴書の提出も求められる企業であればそうもいきませんが、履歴書のみの提出で良いという企業ではある程度職務経歴の欄は応用がきくといえるでしょう。

 

参照

履歴書で配属はどこまで書くべき?人事がポイント解説

 

支店異動と職務経歴でのアピールの方法

 

本来支店異動が転職活動で評価の対象となることは少ないといえます。

むしろ上のように回数の多い支店異動であれば会社から退職勧奨を受けていたのではないかというように勘ぐられるというようなデメリットのほうが多いかもしれません。

履歴書では上のように入社と退職の情報を軸に職務経歴は書いていきますが、職務経歴書の提出を行うときには詳しく職務内容なども含めて記載していくようにしましょう。

履歴書とともに提出する場合には、その職務経歴書の職務経歴欄のほうが評価対象となります。

そのため職務経歴欄に

 

  • 支店異動
  • 担当していた仕事内容

 

などでアピールしたいことをすべて書いていくというようにしましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト