イメージと違う!イメージ通りの企業を探す方法

 

転職活動でよくあるのがイメージと違う企業に出会うというものです。

 

  • 職種のイメージ
  • 企業のホームページや求人のイメージ

 

など特定のイメージを持つわけですが、面接や入社後になって違うという感覚を持つことは多いといえます。

 

面接でイメージが違う!早めに辞退するべき?

 

企業といってもそれぞれ社風がありますし、選考中でもすでにイメージと違うというように感じるケースもあります。

 

  • 他のエントリー先がうまくいっていればすぐに辞退しても良い
  • そのイメージの違う企業しか選考が進んでいない場合には最後まで一応受ける

 

というようにパターンごとに考えていくべきかと思います。

2つめのケースでは他の候補先がないので不安かもしれませんので、慌てて辞退をするまでの必要はないと思います。

入社して雇用契約をするまでイメージと違うところが我慢できるかどうかを判断していくべきといえるでしょう。

イメージと違うというのが勘違いだったということもありえることです。

 

入社してすぐにイメージと違う!退職するべき?

 

イメージと違うとどこかで感じていても入社をしてしまったというような場合もあるかもしれません。

転職先をイメージやフィーリングで選んでしまった場合によくある話で、基本的には退職するべきときにはなるべく早くというのが考え方となります。

 

  • パワハラがある
  • ブラック企業だった
  • 異常に残業の多い企業だった
  • 人間関係がありえないくらいに悪い
  • コンプライアンス意識のない企業だった

 

など最近は入社後にイメージと違うということは多いのではないかと思います。

退職するのはいつでもできますが、考えるべきポイントは

 

  • 長く勤務できそうかどうか?我慢できる企業か?
  • 肉体的、精神的健康を損なうような企業かどうか?

 

ことです。

入社早々であっても自信がないというときにはなるべく早く退職するべきといえます。

社会保険に加入してしまえば、短期間の職務経歴が残るので次の転職で不利になるからです。

退職時期については下のページにも紹介していますが、辞職を適用すれば最短で14日後になります。

ただし企業に合意を得れば即日退職も可能です。

 

参照

転職で社会保険から前職の経歴詐称がバレる条件とは?

転職で退職届を出すタイミングや時期!マナーと法律から解説

 

イメージと違わない企業に転職する方法

 

今回のようなイメージと違うというときにはエントリー先についてあまり調べない状態のまま入っていったという人が多いのかもしれません。

転職先を選考中から完全に調べることは難しいのですが、できる限りのところまではチェックして入社を決めるようにしていきましょう。

転職先の調べ方というのはいくつかありますが、

 

  • 面接で会社訪問時にトイレ、休憩室もチェックする
  • 面接の逆質問で社風などをさりげなく確認する
  • 転職エージェントに内情を聞いておく

 

参照

ハローワーク求人は○%がブラック!ブラックを避ける方法

離職率を聞く!質問の切り口を変えてプラス評価にする方法

会社の雰囲気を質問で確実に見極める劇的方法

 

良くない企業というのは訪問したり、面接でもいくつかの共通点というものがあるものです。

上のページを参考にイメージと違う可能性の高い企業は適切に避けたり、辞退するようにしていきましょう。

またエントリー先の企業と接触している転職エージェントの情報も活用していきます。

ネットなどでも掲載されていない内情が聞けることもあるのでより転職活動に失敗しにくいといえるでしょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト