実務経験が足りないと不採用になる?経験をカバーする方法とは?

 

転職活動での求人は実務経験を求めるものもあり、エントリー条件となっているものもあります。

魅力的な求人であってもこの実務経験が足りないということでエントリーもできないということは多いかもしれませんが、意外と実務経験が足りないとしても内定となることもあります。

それには企業側の実務経験への考え方について押さえておくことも必要となります。

 

転職活動での実務経験の定義とは?

 

実務経験〇年以上ということでも、この実務経験とは何を指すのかということもまず問題となります。

たとえば正社員採用の求人で、同じ仕事をしてきたとしても

 

  • 契約社員
  • アルバイトやパート
  • 派遣社員

 

といったものであれば実務経験として認められるのかどうか悩むこともあるのではないでしょうか?

結論からいいますとケースごとに違うわけですが、

 

  • その仕事の難易度
  • 人気度
  • そして求職者の有期雇用(契約社員、バイト、派遣、パートなど)として行ってきた仕事内容の深さや内容

 

といったところで話は変わってくるとなります。

一般的に転職活動の実務経験というのは、正社員採用であれば同じ仕事を正社員で行ってきたことを指します。

しかし企業によっては契約社員など有期雇用(契約社員、バイト、派遣、パートなど)でもフルタイムであれば評価してくれることもあると押さえておくと良いと思います。

 

実務経験が足りないときには資格取得でカバーできる?

 

実務経験が足りないときにはよくあるのが資格取得をするというケースです。

たとえば

 

  • 人事の経験がない
  • とりあえず社会保険労務士の資格を取得する
  • その後、人事として実務経験はないものの資格保有をアピールして内定を出したい

 

というものですが、資格は転職では評価にほぼなりません。

資格には

 

  • 費用
  • 時間
  • 資格取得によるブランク期間の長期化

 

とかかるのですがまずやめたほうが良いと思います。

それよりも後述する方法で転職活動をなるべくブランク期間を少なくしてやっていくほうが人生的に後悔しないと思います。

 

参照

即戦力となる資格とは?有利になる資格も紹介

 

実務経験が足りない場合にはエントリーしても無駄?

 

転職活動ではたしかに職務経験、スキルをまず評価対象としますが、これは教育に時間をかけることが嫌という企業の考え方からきています。

逆にいえば一度教育すれば実務経験者並みに仕事ができるようになる人であればそこまで痛手ではないということもいえます。

また転職活動の実務経験を含めたエントリー条件というのは目安でしかありません。

たとえば下のような2人が候補として残ったとします。

 

  • 29歳 実務経験3年、面接の印象で頭の回転はやや遅そう
  • 33歳 実務経験1年、面接の感触では理解力がかなりあるように感じた

 

求人では20代の人が活躍していますというように20代にエントリーしてほしいというようなニュアンスになっていても2人目の人が採用されることも多いです。

つまり企業が言いたいことは

 

  • 実務経験が多少なくても頭が良いなどすぐに使えそうであれば採用したい
  • 逆に実務経験は条件を満たしていても、その内容が自社の業務内容とずれていたり、また仕事上の姿勢や能力などで問題がありそうであれば採用はしない

 

というようになるということです。

この点はその企業の人事などに直接聞かないと正直外からはなかなかわからないといえます。

 

実務経験が足りないことをカバーするものとは?

 

実務経験が足りないときには上のように将来性なども評価対象となりますが、他にも熱意も比較される項目となります。

熱意は

 

  • やる気
  • 退職率
  • 吸収力

 

などと密接に関係してくるので高いほど転職では有利になります。

ただ下のページにも紹介していますが、熱意ややる気をただ言葉でだけアピールする人も多いのが問題です。

熱意は頑張りますというような言葉でなく、本当の意味での人事に刺さる企業研究をしたことで行います。

今回のように実務経験が足りないことを気にする人は職種研究はしっかりとしていても、企業や業界研究をしていない人がほとんどなのでよく下のページで押さえておいて欲しい内容となります。

 

参照

転職での熱意の伝え方!99%の人が知らない

面接での準備不足!人事から見た本当の面接の準備を解説

 

実務経験が足りないときの転職活動の方法

 

実務経験が足りないといっても少し厚かましい程度にエントリーしていくほうが転職はうまくいくはずです。

転職活動では遠慮というのは無用です。

実務経験が足りないときには転職サイトやハローワークを検索していても未経験OKであったり、自分の実務経験に合うような求人がなかなか見つからないというような場合もあるかと思います。

この場合には転職エージェントを活用していきます。

 

  • 実務経験が足りないところをアピールの仕方でカバーできるようにコンサルしてもらう
  • 非公開求人の紹介もしてもらう
  • 実務経験が多少足りないとしても内定の可能性がある求人を紹介してもらう

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

というメリットがあるので、有効的に利用していく必要があります。

特に非公開求人というのは求人全体の7~8割を占めるので、転職サイトだけなど社名公開の求人にだけで転職活動をしていくのは大きな機会損失をしていることになります。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト