転職でVBAは有利?事務職でより有利になるスキルとは?

 

事務職やIT系の職種を転職活動で目指している場合、VBAの資格取得を検討するような人もいるかと思います。

ただIT系は別としてVBAというのはエクセルなどのプログラム技術のことですので一般的な職種でどの程度有利になるのか効果がわかりにくいかと思います。

今回はVBA資格と転職活動での評価について解説をしたいと思います。

 

事務職でVBAを評価するところは少ない

 

VBAとなればエクセルと関連性が高く、エクセルは事務職では頻繁に使用します。

しかしエクセルを使用するとしてもVBAまでの知識を必要とする事務作業は正直少ないので、転職活動ではあまり評価されないと考えて良いです。

事務職という場合にはVBAよりも

 

  • 関数をある程度使える
  • 経理だと勘定奉行、弥生会計のソフトを自由に使える

 

というように一般的な企業で使われるソフトやシステムを使えるほうがまず有利となるかと思います。

またマイクロソフトでは他にもシステム系の資格を用意していますが、事務職であればこの手の資格をいくら取得してもまず評価はされないといって良いと思います。

一般的な事務職で求められるパソコンスキルは下のページで解説していますが、それほどレベルは高くありません。

VBA取得をするならば、他にしたほうが評価は上がりやすいことはあるかと思います。

 

参照

え!転職にパソコンテスト、試験?落ちる人の条件とは?

 

事務職と企業規模とVBA

 

システムの使用に関しては企業規模も関係があります。

 

  • 大手企業 VBAでなく専用ソフトを使うところが多い
  • 中小企業 VBAを知らない人しかいない職場が多くやはり使わない

 

ということでVBAに関しての認識レベルは違うのですが、ともに関係してこないというのが実際のところです。

アクセスについても似たようなもので、まず転職の評価に関して決定的に有利になるということは少ないといえます。

 

VBAはIT系では転職で有利になる?

 

では逆にIT系への転職を考えているときにVBAは有利になるのかということですが、そこまで有利にはならないのが実際のところです。

 

  • VBAはどこの職場んもいるパソコンに詳しい人のレベルに過ぎない
  • 転職でIT系を目指す場合にはVBAの知識は当然あると判断されている

 

といった程度の評価になるからです。

IT系ではVBA以外の知識がもっと必要となるので、いわば中途半端という意味で転職では有利にならないという意味です。

VBAに関してはIT系では事務職志望という場合には多少有利になることもあるという程度に認識で良いと思います。

 

事務職で有利になるスキルとは?

 

事務職志望であればVBAよりも

 

  • ワード
  • エクセル(表計算、グラフ作成、簡単な関数)
  • 実務経験

 

といったところになります。

事務職でエクセルのマクロなどやや特殊なスキルを求めるところもありますが、その場合具体的に必要なマクロのスキルを記載しているはずです。

パワーポイント、アクセスなどもこれは同様ですので、その求人についてのみ企業の条件に該当するかで判断します。

経理だと

 

  • 簿記2級
  • やはり実務経験

 

が評価されます。

決算経験があったり、特に連結決算の経験があれば非常に重宝されるといえるでしょう。

 

参照

経理の求人で決算業務ができるは何のスキルを意味する?

 

事務職で最も有利になるスキルとは?

 

事務職でも資格に依存したい、転職でなるべく有利になりたいと思う人は多いのですが、今回のVBAも含めてほとんどの資格は決定的に有利になることはまずありません。

これは士業など国家資格にもいえることです。

事務職は競争率も高く、不採用が続くかもしれません。

その原因をスキルがないから、資格がないからと原因を見出す人もいるかもしれませんが、

 

  • コミュニケーション能力の欠如
  • 企業研究の不足(熱意のアピール不足)
  • エントリー数や転職エージェントの登録数の不足

 

参照

面接での準備不足!人事から見た本当の面接の準備を解説

事務の競争率が高い!企業に刺さるアピールで内定を出す方法

 

といったところに単純に原因がある場合が多いのです。

効率的に内定を出すには

 

  • 質の良い転職エージェントに3つ登録する
  • 履歴書、面接の実践的なコンサルを受ける
  • 非公開求人の事務職にエントリーしていく

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

というような方法となります。

内定が出ないのはスキルというよりも自分の見せ方、あるいは評価損をしている箇所の修正のほうが効果があるといって良いので、エージェントに総合的にコンサルしてもらいます。

転職サイトで公開求人は求人全体の2~3割にしか過ぎませんので、エージェントの非公開求人にエントリーしなければ大きな機会損失をしていることになります。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト