社名非公開な求人の4つの理由!非公開と年収の関係性

 

転職活動をしていると社名が非公開の求人に出会うこともあります。

中にはかなり規模の大きな企業もあるわけですが、社名を非公開にする理由がわからないかと思いますので、人事目線から採用活動の裏側について解説したいと思います。

 

社名非公開の求人が多い転職媒体

 

転職サイトではあまり社名非公開の媒体はないのではないかと思います。

社名が非公開の求人といえば

 

  • 転職エージェント
  • 一部の転職サイトの求人
  • ハローワーク

 

といったところになります。

特に中でも転職エージェントの場合には非公開求人が売りとなっているので有名といっても良いかもしれません。

結論からいいますとエージェントに登録されている社名が非公開な求人には良質な求人が多いといえます。

 

社名非公開の求人の理由① 人事体制の脆弱性

 

まず1つめの非公開な求人の理由としては人事担当者の人数が十分でないというようなケースです。

 

  • 応募がある
  • 履歴書や職務経歴書のチェックをする
  • 面接をする

 

といった選考の流れとなりますが、採用側に回っていないとなかなか想像できないかもしれませんが、これらの作業にはかなりの時間が必要となります。

人事の人数が足りないと全員の対応ができないので、たとえばエージェントの段階で足切りを代行してもらうという企業もあります。

企業が条件とするものが揃っている人だけを企業人事に上げるというような形式となります。

 

社名非公開の求人の理由② 極秘プロジェクトの採用

 

2つめにあるのが

 

  • 極秘プロジェクトを進行中でライバル企業に社名を知られたくない
  • ライバル企業に新規事業の採用活動をしていて活発に企業が動いていることを知られたくない

 

というようなケースです。

社名を出し、特定の事業推進のためと公開すればライバル企業に新規事業や極秘事業の推進がバレバレとなります。

このような場合も非公開に求人を出すという場合が多いです。

 

社名非公開の求人の理由③ 社名が有名

 

大手企業は比較的社名を非公開にして求人を出すことが多いのですが、

 

  • 社名を公開すれば募集が殺到してしまう
  • やはりすべてに対応するのが難しい

 

というような状況になりがちです。

私が人事をしていたときにも月曜日に募集電話が殺到し、10分程度で電話がパンクしたこともあります。

社名が有名だったりしても求人を非公開にしてあえて採用活動をするというようなところもあります。

社名だけでなく職種に人気があり募集がやはり殺到する場合も非公開にする企業もあります。

 

社名非公開の求人の理由④ 若干名採用

 

社名非公開で最も多いといえるのが

 

  • 急募案件
  • 若干名採用

 

といった求人です。

採用活動というのは一般の人が思うよりも費用がかかるものです。

 

  • 転職サイトへの登録費用
  • 人事の履歴書や面接への対応する時間の人件費

 

などですが、若干名や急募案件というのは1~2名しか採用しないことも多いです。

転職サイトなどで採用活動をすればその割に求人費用がかかるのですが、このような場合にまず転職エージェントを活用する企業は多いです。

その後、思っているような人材が来なければ公開求人として転職サイトに掲載することもありますが、まずはエージェントでというような企業も多いのが実際のところです。

 

社名が非公開な求人の割合は○%

 

転職サイトを中心に転職活動をしているとそう社名が非公開な求人には出会えないかもしれません。

そのため理解できないかもしれませんが、

 

  • 社名非公開の求人 70%程度
  • 公開の求人    30%前後

 

となっています。

つまり社名が公開されている求人にだけ求人検索をし、エントリーしてもほんの一部の求人にしかエントリーできていないということです。

 

  • なかなか内定が出ない
  • 希望する求人が少ない

 

というような場合には社名が非公開な求人にまずエントリーするべきです。

転職サイトなど社名が公開されている求人でだけ転職活動をしているのは大きな機会損失となっていて、年収が下がる可能性はかなり高いといえます。

転職エージェントでは大手を中心にいくつか登録すれば、待遇レベルのかなり高い非公開求人に出会えるでしょう。

合わせて

 

  • 履歴書、面接の実践的なコンサル
  • キャリアの相談
  • 企業研究のやり方をアドバイスしてもらう

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

面接での準備不足!人事から見た本当の面接の準備を解説

 

実際に多くの人はこれらが不足していて不採用となっています。

一度ちゃんとしたエージェントにコツを教えてもらうと内定率が上がるのも転職活動の特徴といえます。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト