転職のバッグの色!評価が下がるバッグの色とは?

 

転職活動では面接などでバッグを持つということが基本的に必要となります。

今回はその中でもバッグの色についてどこまでがビジネス用としてNGではないかについて解説します。

 

最も転職用のバッグで無難な色とは?

 

ほとんどの人も予想するように悩む場合には黒が無難です。

これは男性も女性でも変わりありません。

ビジネスコーナーにあるバッグで黒であればまず間違いないといえますが、たまにカジュアルっぽく見える黒のバッグを携帯して転職活動をしている人もいます。

この場合には遊び感覚で本気で仕事をする気がないというようにマイナス評価されることもあるので注意してください。

 

転職用のバッグで紺色はNG?

 

黒の次に紺という色のバッグもありますが、転職では特に問題ありません。

ビジネスバッグに見えるものという制限はつきますが、ビジネスコーナーにある紺色のバッグであればやはり男性、女性ともに問題ありません。

 

転職用のバッグでグレー色はNG?

 

グレーも女性を中心に多いバッグの色ですが、特に問題ありません。

また同様にビジネスバッグであってグレーであるということは大前提となります。

仕事をする気があるように見えるビジネスバッグでグレーという色であればまず問題ありません。

 

ダークブラウンのバッグでもやはりOK?

 

ダークブラウンのバッグを持っている転職活動中の女性もいますが、特に問題ありません。

ブラウンでも問題ありませんが、ダークブラウンのほうが面接官には黒っぽく見えるので好感度は高いのではないかと思います。

 

ベージュの色のバッグでも転職では問題ない

 

女性ではベージュ色のバッグをもってくる人もいますが、やはり同様に問題ありません。

ベージュのバッグの女性については

 

  • 飾りがついている
  • ビジネスバッグに見えない

 

というようなバッグをしている人もたまに見かけます。

このような遊び感覚が半分見えてしまうようなバッグは不採用がその時点で決まるとはいえませんが、マイナス評価になることもあります。

面接の内容もなければ相当な確率で不採用となるのであまりカジュアルに見えるようなバッグは注意しましょう。

 

転職用のバッグは業種からも考えよう

 

バッグの色についてはエントリーする業種からも考える必要があります。

 

  • 金融
  • 証券
  • 警備
  • 鉄道やバスなど運輸系

 

など堅い社風のところではバッグの色は黒など暗めのほうが良いと思います。

逆にファッション系などの業界ではバッグの色もおしゃれにして、多少派手なくらいのほうが良いでしょう。

このような業界ではバッグの色も自己PRと1つとなります。

 

転職ではバッグの色とスーツの色ともマッチさせよう

 

最も無難な組み合わせは

 

  • バッグは黒
  • スーツも黒

 

というように組み合わせることです。

スーツが黒で、バッグは紺やダークブラウンでもまったく問題ありませんが、スーツとバッグの色とが合っていないような人もいます。

たとえば

 

  • スーツが黒
  • バッグが白色

 

ですが、スーツに対してバッグの色が悪目立ちしないようにすることも意識しておきましょう。

面接の部屋に入る第一印象でその色のアンバランスさに目がいくこともあります。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビエージェントはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト