メンタルが弱い!メンタルが弱い人の転職4つのポイント

 

転職では普通の人でもメンタルに大きなダメージを受けるようなことが続きます。

メンタルが弱い人だともう転職はできないのではないかというように落ち込むこともありえるわけですが、メンタルが弱い人においては転職活動の考え方や対処方法をどのようにしていくと良いのかについて解説をしたいと思います。

 

メンタルが弱い場合には転職活動の選考基準を知る

 

転職活動では不採用が続くという非常に厳しいシーンもあります。

このときには転職の求人検索をする気にもなれないような場合も出てくるのですが、不採用かどうかを決める選考基準を知るべきです。

 

  • 書類選考を通過する場合にはスキル、職務経歴では問題がないということ
  • 面接で落ちるのはアピールの仕方がうまくできていないか、他の応募者により評価の高い人がいただけ
  • 最終面接で不採用になるのは役員とのフィーリングの問題

 

参照

最終面接の社長、役員の評価方法!最終で逆転現象が起きる理由

最終面接での役員に採用したいと思わせる効果的な逆質問とは?

 

といったところです。

上のようにフィーリングなどといった曖昧な理由の不採用もありますし、ほぼ問題がなくても見せ方や言い回しで不採用になっているだけといったこともあり、実は意外と紙一重での悪い結果が多いということです。

転職は縁といわれるのは上のようなところも採用の判断基準に入っているからということです。

 

面接官に指摘を受けてもメンタルの弱さを感じる?

 

面接でも

 

  • 圧迫面接
  • あえて嫌なことを言うような面接
  • さらっと嫌味を言う面接

 

というものもあるかと思います。

このときの面接官の言葉でメンタル的に自分は弱いと感じることもあるかと思います。

 

  • 落胆してしまう
  • 不採用になったと落ち込んでしまう
  • 転職活動への自信を失う

 

などはよくあるわけですが、多くの人も同様に落ち込み、落胆しています。

また面接官もあえてそのような言動を取っている面接も多いので、そのときの対応力をチェックされているということもあります。

そのため面接でアピールになっていないなどと言われたとしても特に気にしなくても良いです。

ひょっとすれば次の求職者にも同じことを言っている面接官かもしれません。

 

自分には内定が出ないかもと思うときにメンタルの弱さを感じる

 

転職活動では気持ちの上下は割合起こりやすく、落ち込んだときには疲労もあってか自分には内定が一生出ないのではないかというように思ってしまうこともあります。

このときには少し休むということも必要ではないかと思います。

 

  • 落ち込んだ気持ちがなくなれば感情もすっきりとしてまたやる気が出ることもある
  • 内定が出ないという気持ちで無理に転職活動すれば妥協してしまう傾向があり、待遇の悪い企業に入社を決めてしまうこともある

 

不安な気持ちになったときには

 

  • 100社以上、1年以上も転職活動をしている人もいることを考える
  • 今もどこかで転職活動で内定が出ずに悩んでいる人がいることも考える
  • 実際に仕事をスタートさせればもっときついことがあることを意識する
  • 自分よりも年齢がいっていて不利な立場で懸命に転職活動している人も大勢いる

 

ということを意識していきましょう。

新卒の就職活動と違って周りに知り合いはいませんが、大勢の転職者が今もいるわけです。

ハローワークなどにいくとより目ではっきりと見えるようになるでしょう。

転職活動をしていると意外と見えなくなるものですが、前職の仕事でもきついシーンがあったことを思い出してください。

転職活動は仕事よりも楽ということも多いはずです。

 

メンタルが弱い人が行うべき転職活動の方法

 

メンタルが弱い人がもっとも行うべき転職活動というのは内定を早く出すことです。

そのために必要なことというのは

 

  • 履歴書、職務経歴書を評価されやすいものにブラッシュアップする
  • 企業を見極める方法を知ること
  • 転職サイトだけでなく非公開求人にもエントリーすること

 

参照

転職先企業の調べ方!人を大事にする企業の条件とは?

 

です。

不採用が出る理由というのは

 

  • 企業研究をしていないので企業に刺さる志望動機になっていないこと
  • スキル、職務経験が企業に100%伝わっていないこと

 

参照

面接での準備不足!人事から見た本当の面接の準備を解説

 

ということが多いのです。

転職サイトで出ている求人は公開された求人となりますが、実際には求人のほとんどが非公開求人として内定を出し採用活動を終えていきます。

特に大手の転職エージェントでは良質な非公開求人が多く、それをチェックしないで転職先を決めるのは非常に損をしていることになります。

またエージェントには

 

  • 履歴書、面接の実践的なコンサル
  • ちょっとした言い回しでの評価損を避ける
  • 逆に伝え方で評価になりやすいテクニックの伝授

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

というようなメリットがあります。

早く、満足できる企業から内定を出すには転職エージェントは活用していきましょう。

特にメンタルが弱い人ほど内定率を上げて、無駄に長く転職活動をするべきではないといえます。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト