簡単!退職理由を前向き転換しマイナス評価にしない方法

 

面接では履歴書や職務経歴書を見ながら行われることが多いと思いますが、退職理由を聞かれることが多いと思います。

別に過去の話なので今さら聞く必要もないのではないか?と思うことも多いかもしれませんが、人事はある特定の理由や目的から毎回のように退職理由を確認しています。

今回は退職理由についてなぜ聞くのか会社や人事の視点で解説します。

 

人事の前職の退職期間の見方と退職理由の説明

 

前職の退職までの期間というものがありますが、

 

  • 1ヶ月で退職していると前職になじめなかったのではないか?
  • 3ヶ月や6ヶ月以内の退職だと試用期間で契約打ち切りされたのではないか?
  • 1年未満だとやはり解雇されたのではないか?
  • 短い在職期間を繰り返す場合にはうつ病など精神疾患を持っているのではないか?

 

人事は退職理由とともに退職期間をチェックするときにはこのように見ます。

解雇だと能力がないので不採用となる確率が高くなり、うつ病だとほぼ100%不採用にしていきます。

つまり退職期間が上記の期間と合致しているような場合には、そうではないということを退職理由の質問では説明し証明しなければいけないということを意味します。

 

参照

転職ではうつ病を隠す?隠さないで内定が出る確率は?

自己都合VS会社都合!転職で有利な退職はどっち?

 

人事が退職理由を面接で聞く本当の理由

 

お決まりのように聞かれる退職理由ですが、その聞く理由というのはいくつかあります。

しかし退職理由に限らずに基本は選考というのは自社の仕事ができそうかどうかだけを見ているといっても良いです。

順番に解説をしていきます。

 

すぐに退職する人かどうか確認したい

 

若い人や高齢者に多いですが、結構本音で面接で退職理由を話してくれる人もいます。

給与が安かったからなどと聞かれるとやはりいくらもらっていたのか聞かれてしまう場合が多いと思います。

その金額が自社の想定している給与よりも高いという場合にはうちもすぐに退職されるのではないか?と疑ってしまいます。

また安易に退職しているという場合も注意が必要です。

そんなことで退職したのか?と思われればやはり合格する可能性は低くなります。

つまり退職理由では退職するのにやむを得ないといった退職理由ではないかということを確認しているわけです。

家庭の事情といった退職理由を説明する人もいますが、

 

  • 育児や介護が必要なので休みがちになりそうなので採用しないほう良さそうだ
  • 休みでなくても早退、遅刻は多いだろう

 

といったことでやはり内定率を下げてしまう確率はかなり高いといえます。

 

退職理由が自分の会社に該当しないか確認したい

 

例えば残業が多くて退職したと伝えた場合、面接の会社も残業が多い場合には良い評価とはならないことが多いと思います。

自由に上司に意見を言えなかったというような理由でも、うちもトップダウン型で意見を言えることが少ないという事情にあえればやはり良い顔をしないと思います。

退職理由を聞く1つの大きな理由としてはこのように退職理由が自社にないかどうか確認しているということもあります。

 

  • マイナスの退職理由は前職企業の悪口のように思われてしまう
  • マイナスの退職理由は少しでも転職先に該当していると思われればマイナス評価となることもある

 

このようなデメリットがあるということになります。

 

退職理由で入社後のプレゼン能力を確認する

 

退職理由というのは正直に話してしまっている人もいますが、そのほtんどはマイナス評価となるか即座に不採用となってしまいます。

後述しますように退職理由というのは前向きなものに転換させなければいけませんが、まるで本音と建前のように使い分けしなければいけないということです。

職種によっては特に本音を話してはいけないようなものもありますし、そのような建前をどの程度使いこなせるのかも重要な選考ポイントとなります。

 

  • 退職理由のポジティブ転換もできない人はほぼ例外なく入社後のパフォーマンスが低い
  • 退職理由の転換もできない人は、建前が使えず職種によっては致命的

 

といったことも人事は見ていることが多いわけです。

 

うその退職理由を通しても意味はない?

 

例えば残業が多くてやめたということを隠して別の理由で面接で通したとします。

しかし実際には残業が多い会社であり、面接で合格したとします。

入社後にやはり残業が多く、きつくなってくるということもあります。

ここからすると退職理由を変にかくしてごまかすのも自分のためにならないこともあります。

無理に嘘をつくのではなく、できるだけ本当の自分が受け入られる会社かどうか見分けるという視点で面接に臨むという視点も必要だと思います。

退職理由で嘘をつくのと、前向きなものに転換するのとはまた違うということです。

 

簡単!退職理由を前向きなものに転換する方法

 

一般的によくある退職理由について列挙していきます。

 

  • 人間関係が悪くて退職した
  • ノルマがきつくて退職した
  • 給与が低い、残業代も出ないので退職した
  • 労働時間が長すぎるので退職した
  • 会社の将来性が不安で退職した
  • ワンマン社長が嫌で退職した
  • 通勤距離が遠いので退職した

 

本音ベースの退職理由としては主にこのようなものが多いといわれています。

これをポジティブに、前向きに転換した退職理由を順番に説明していきますとこのようになります。

 

  • チームワークや協調性を発揮できる環境を求めて退職した
  • 顧客1人1人に丁寧に向き合い仕事をしていきたいので退職した
  • 成果に対して正当に評価して欲しいために退職した
  • 仕事に集中して向き合える環境を望み退職した
  • 扱う商品やサービスについて自信を持って提案できる環境を求めて退職した
  • 会社や社長の考えや方向性と一致した環境で働きたいと思い退職した
  • 仕事に集中できる環境を求めて退職した

 

このような退職理由のポジティブ転換するのは一例であって、他の形に転換しても構いません。

またそのまま採用して面接で話しても自身の長所や他に話す内容と矛盾していれば不採用ともなりえるので注意してください。

ポジティブ転換するコツをポイントにして説明しますと

 

  • 本音の退職理由がどうなれば継続して働けたのか考える
  • 本音の退職理由と逆の理想的な環境を考える

 

といったところになります。

本音の退職理由の真逆にポジティブ転換があるということになります。

 

退職理由がうまくまとまらない

 

退職理由というのは自己PR、志望動機などと並びかなりの確率で質問されることですし、また上手く説明もできないようではそうそうまともな企業から内定も出ないといえます。

このような場合には

 

  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接の実践的なコンサル
  • 転職先の情報を入手しながら転職先を決めることができる
  • 給与交渉代行

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

といったメリットのある転職エージェントを活用するべきといえます。

前職の退職理由に該当する要素がない企業をエージェントの情報によって精査して入社するかどうかを決めます。

この転職活動が成功する転職活動の方法の本質といって良いでしょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト