女性の髪形でハーフアップはNG?ダメなハーフアップとは?

 

女性の場合、いろいろな髪形がありますので、転職の面接や履歴書の写真撮影のときにビジネスの場でNGかどうか気になることがあるかと思います。

今回はその中でハーフアップの髪型について解説をしたいと思います。

 

ハーフアップの髪型は転職でNG?

 

私も人事としてかなりの面接をしてきましたがハーフアップの女性はしばしば見かけましたが、特に何とも思いませんでした。

おそらくハーフアップをしていて、そこで評価を落とす人はかなり少ないのではないかと思います。

ロングの髪でそのまま束ねないというよりもハーフアップのようがすっきりとした印象となるので望ましいのではないかと思います。

 

ハーフアップとポニーテールはどちらが転職受けは良い?

 

ハーフアップとともにポニーテールも転職の面接でNGかどうか話題になることもありますが、基本的にどちらでも構いません。

もちろん評価も変わりません。

ポニーテールも後述しますが、

 

  • 髪色
  • 前髪

 

などといったマナーに沿っていれば問題はないといえます。

 

ハーフアップと髪色

 

女性の髪形でハーフアップは構わないのですが、問題としてはむしろ髪色ではないかと思います。

 

  • 理想としては黒が無難
  • ただし新卒ではないので多少のカラーは問題ない

 

というようなところが一定の基準となります。

面接で入室してきたときにパッと見て茶色などとすぐに判断できるような髪色であればマイナス評価となる場合もあることは注意するようにしてください。

 

ハーフアップと前髪

 

ハーフアップで注意したいのが前髪かと思います。

面接をする者にとって求職者の目の印象というのは面接が終わっても強く記憶に残るのですが、ハーフアップの人でしばしばあるのが面接中に前髪がよく目あたりに入り込むという現象です。

上でもいいましたが目のあたりに前髪が何度かかかるのはあまり転職では良い印象ではありませんので、前髪に注意していってほしいと思います。

無難な方法はヘアピンで落ちやすい前髪はしっかりと止めて面接に臨むというものになるかと思います。

 

ハーフアップとサイドの三つ編み

 

ハーフアップでサイドの髪を三つ編みにするという人もいるかと思います。

これも別に問題ありませんが、三つ編みやお団子というのは印象としてはややすっきりした感じがなくなってしまうのが欠点です。

三つ編みなどをどうしてもしたい場合にはそれでも構いませんが、なるべく評価を下げたくないというときにはすっきりとした印象を与えるために三つ編みやお団子は避けるほうが良いといえます。

 

ハーフアップと転職活動での不採用

 

ハーフアップは転職活動では特に問題がないということが多いと思いますが、それでも不採用が続くというような場合もあるかもしれません。

髪型が原因かもというように考えてしまう人もいるかもしれませんが、たいていは

 

  • 履歴書、面接でのアピール不足
  • 相対評価で他の応募者に評価で負けている
  • その会社とのフィーリングで不採用になっている
  • 企業や業界研究の不足

 

参照

面接での準備不足!人事から見た本当の面接の準備を解説

最終面接の社長、役員の評価方法!最終で逆転現象が起きる理由

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

といったところが原因となっていることが多いです。

退職理由、志望動機、自己PRと転職活動ではよくある質問というものがありますが、言ってはいけないこともありますし、またちょっとした言い回しで評価もまったく変わってくる場合もあります。

妥協して転職すれば生涯賃金にも影響が出てくることも多いので、しっかりと転職エージェントで実践的な履歴書、面接のコンサルを受けた上でエントリーしていくようにしましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト