転職活動は在職中・退職後どちらが良いか?

 

転職活動において悩みやすいところとして在職中と退職後のどちらで転職活動を行うか?ということです。

どちらもメリット・デメリットがありますが、まず転職活動をするべきタイミングというものは存在します。

今回はその理由とともに解説をしたいと思います。

 

在職中の転職活動のメリットとデメリット

 

在職中の転職活動のメリットとしては

 

  • 生活資金には困らない
  • 在職しているということで気持ちに余裕が持て、強気に転職活動ができる
  • 在職中なので気に入らないところを受験する必要はない
  • 仕事をしつつ転職活動をするので、仕事の現場感覚は失わないまま面接を受けることができる(良い意味での緊張感がある)
  • 人事からは在職中の転職活動を計画的な人と高評価を持つことが多い

 

在職中の転職活動のデメリットとしては

 

  • 転職活動をする時間がなかなか確保できない
  • エントリー先によっては面接時間の調整をしてくれないので面接を受けることもできない場合もある
  • 面接のたびに休みをとらないといけない
  • 現職企業が退職日を遅く規定しているような場合、入社日が遅くなることで不採用の確率も出てくる

 

参照

在職中と入社日!いつまでに入社日をすれば不採用にならない?

 

在職中に休まずに転職活動をする方法

 

在職中でも仕事を休まずに転職活動をする方法はあります。

 

  • 企業と面接時間や曜日を交渉する
  • それでも無理なら有給休暇や欠勤を検討する

 

ということで、人材を大事にするところほど平日の夕方以降、土曜日などに面接を設定してくれる場合もあります。

逆に調整してくれない場合にはさほど良い企業でもないともいえますので、縁がなかったとスルーしても良いでしょう。

 

参照

在職中の面接時間の調整!評価が下がらない交渉方法とは?

外回り中に面接に行ける?バレるリスクはどの程度ある?

 

退職後の転職活動のメリットとデメリット

 

退職後の転職活動のメリットとしては

 

  • 転職活動に十分に時間・労力を割くことができる
  • 基本的に面接に訪問するのに時間がないということがなく、すべての会社を受験することもできる
  • 内定後にも入社日を早くすることができる

 

退職後の転職活動のデメリットとしては

 

  • 内定が出るまで長期間に及べば生活資金に困ることもある
  • 在職していないと気持ちが暗くなることもあり、面接がうまくいかないこともある
  • 勤務中の良い意味での緊張感がなくなり、人事に雑な印象を与えてしまう
  • 焦りからあまり気に入らない会社にも入社を考えるようになる
  • 退職しているので退職理由を考えなければいけない

 

退職後の最大のデメリットというのは自分でも気づかないうちに勤務による緊張感を失い雑な印象を面接で与えてしまうことです。

同時に人事に在職中の転職活動をしていないので無計画な人と印象されてしまうこともマイナスポイントです。

 

参照

退職して転職活動をしている人は話し方でここに気をつける

 

在職中VS退職後!転職活動はどっちが有利?

 

上記を見ると両方ともメリットとデメリットが混在しています。

何を捨てて、何を取るか難しいですが、まず確実にいえることはできるだけ在職中に転職活動をするほうが良いということです。

理由としてはいくつかありますが、

 

  • 気持ちの余裕から妥協して入社しなくても良いので年収が上がりやすいこと
  • 勤務中の緊張感を維持できているので内定率が高くなりやすいこと

 

絶対に内定を取らないといけないということではないので、自然に自信を持った雰囲気を出すことができます。

上記にも記載しましたが、たしかに在職中となれば時間調整や確保などといったデメリットもあります。

しかしこれらは転職エージェントを活用すれば大部分について解消することもできます。

 

  • エージェントに面接時間を調整交渉してもらう
  • エージェントに現職企業との退職日についての交渉も代行してもらう
  • 希望条件に合う非公開求人が出てくれば連絡してもらう

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

すでに退職してしまった場合に転職活動を有利にする方法とは?

 

しかしすでに退職してしまったというような場合もあるかもしれません。

 

  • ブラック企業で健康を害しそう
  • 精神的に限界で転職活動に身が入らないほど辛い

 

といった場合には健康に勝るものはないので退職後の転職活動もやむを得ないと私は思います。

しかしこの場合、退職後ということで在職中とはいくつか違ったポイントから転職活動をするべきといえます。

 

  • できるだけ勤務中のように規則正しい生活を維持し、雰囲気に雑さを出さないこと
  • 家に引きこもらずに外出し、人ともよく話すようにすること
  • 転職サイト、転職エージェントにも積極的に登録し、内定を早く取ること

 

です。

退職してしまうと意外とゲームを自宅でするようになったりと勤務中と違った生活リズムになりやすいです。

このようにならずに勤務中の時間などに転職活動をしたりして不規則な生活にならないようにしていきましょう。

また転職サイトやエージェントにも複数登録していきます。

 

在職中、退職後の両方でポイントとなる転職活動のコツ

 

転職や退職のタイミングと関係なく、どちらでも書類選考、面接の質問の意図を把握し回答できているかで内定率は変わります。

特に

 

  • 退職理由
  • 志望動機
  • 自己PR

 

参照

簡単!退職理由を前向き転換しマイナス評価にしない方法

志望動機の考え方!志望動機の質問の意味や意図とは?

 

といった説明は転職ではほぼ必ず質問されることではありますが、かなりの人がポジティブ転換もできずにマイナス評価となってしまっています。

よく退職理由はそのまま伝えてはいけないと聞くかもしれませんが、退職理由によっては即座に不採用となるものもあります。

詳しくは上のページで説明をしていますが、

 

  • うまく自分でポジティブ転換できない
  • 転職活動がうまくいっていない
  • 不採用が続く

 

という場合には履歴書、面接での回答内容に問題がある場合が多いのです。

しかもそれに気づくこともなく、自分のスキルや経験を実力通りに人事にアピールできないままずっと転職活動をしている人も多いのです。

当然内定率は下がりますし、また内定が出ても自分の実力通りの年収の評価を受けずに生涯賃金を下げてしまっているケースも多いです。

100%自信がなければ必ず信頼できる転職エージェントに履歴書、面接についてのコンサルを受けておくようにしましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト