集中力を自己PRに!99%の人がはまっている罠とは?

 

自己PRを転職の面接で聞かれることは多いかと思いますが、回答として集中力を軸にする人は意外と多いです。

そのため集中力を自己PRにするにはエピソードを具体的に入れるなどして他の応募者との差別化を図らなければいけません。

人事によくある集中力バージョンの自己PRがまた来たというように思われないようにしましょう。

 

自己PRで集中力をアピールしても実は評価にならない?

 

仕事をする上で集中力というのは程度の差があるにせよほとんどの仕事で必要といえます。

しかし大抵の仕事ではそこまで高い集中力が必要かといえばそうでもありません。

つまり何が言いたいかといえばそこまで集中力を自己PRでアピールしても確実に評価するところも多くはないということです。

集中力を自己PRにするときに前提として考えて欲しいのは

 

  • 本当にその業種、職種は集中力を評価するのか?
  • 人並み外れた集中力を自己PRでアピールして採用につながるのか?

 

ということはよく考えてください。

人事をしていると新卒でも転職でも集中力を安易に自己PRでアピールする人は多いのですが、企業研究を本当にしているのだろうかとよく感じます。

自己PRというのはその企業が本当に求める人材像から割り出すものであり、転職をしているほとんどの人はこの企業研究を本当の意味ではしていません。

人事が求めている企業研究というのは下のページに解説していますが、この作業をした上で集中力を自己PRでアピールするべきか最終的に決めていきましょう。

 

参照

面接での準備不足!人事から見た本当の面接の準備を解説

自己PRの書き方!人事は自己PRのココを見ている

 

自己PRで集中力をアピールする上で絶対に必要なこととは?

 

非常に月並みですが、多くの人もいうように集中力を発揮したエピソードを自己PRに入れることです。

そのエピソードにも

 

  • 数字も入れる
  • 同僚や上司の評価も入れる

 

などというように信ぴょう性を高めるようにしなければいけません。

またエピソードは入れる人は多いのですが、

 

  • 集中力が高いエピソードで前職企業にどのように貢献したのか?
  • また今回の転職先に集中力でどのように利益になるのか?

 

といったような採用する理由を提示しなければいけません。

実際にここまで自己PRにできている人はいなくて、ほとんどの人は自己満足のような集中力の自己PRになっていることは多いです。

 

自己PRでの集中力の方向性も職種に合っているかも重要

 

集中力といってもいくつかの種類があります。

 

  • 単純な仕事に集中力を発揮すること
  • 仕事をよりうまくいかせるように工夫することに集中すること
  • 資格試験に集中力を発揮すること
  • 企画のような仕事でひらめきを出すために集中すること

 

など他にもありますが、上にもいいましたようにエントリーする業種、職種に合っている集中力をアピールしましょう。

たとえば歴史の新しい企業だと現状維持を考えていないので1つめのような自分の担当職務をただ漫然とこなす人は必要としていないかもしれません。

その上でその集中力を強引にアピールすれば自主的に工夫して仕事ができないということになり自己PRで不採用が決まってもしまいます。

上でもいいましたが職種だけでなく企業研究はよくしてください。

 

自己PRを集中力とすることで多くの人がはまる罠とは?

 

集中力とは反面、他に意識や注意が向きにくいことを指します。

 

  • ○○の仕事を○時間連続でした
  • 同僚もできない○○の研究を○時間した

 

というようなアピールの仕方も多いのですが、不思議なもので面接や履歴書でこの手の自己PRを見ると

 

  • もっと工夫して短い時間でできなかったのだろうか?
  • 頭を使うというスキルが不足しているのではないか?

 

というような見方もされる場合が多いのです。

そのため時間数、日数などを集中力として自己PRでアピールするときには

 

  • より短時間でできないかといった目的で検討してことも少しは入れる
  • 時間数でなく達成したことにフォーカスさせるような自己PRにする
  • スピード感もあるように印象させる自己PRにする

 

といったことも意識してください。

 

自己PRを集中力にして評価につなげる方法

 

自己PRというのはその企業に採用する理由を用意するということです。

ほとんどの人は

 

  • 自分の紹介で終わっている
  • その企業の欲しがっている人材像と合っていない自己PRをしている

 

ということで不採用になっています。

おそらくこのページで説明しました点で気づいていないことがあれば、自己PR以外でも相当評価において損をしていると思います。

言ってはいけないことを言ってしまっていたり、言い回しで印象をロスさせてしまっているというようなことは多分に予想できます。

トータル的にこれらのマイナスポイントの箇所は確認し、ブラッシュアップしていく必要がありますが、自分ではできない、不採用が続くという場合には転職エージェントを活用していきましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト