転職の求人の探し方!優先順位でサクッと求人を探す方法

 

転職活動をしていて転職サイトなどで求人検索をしていきますが、なかなかうまくいかないというように感じることは多いのではないかと思います。

転職活動では求人の探し方というのが1つのキーポイントとなってきますので、うまく求人を探す方法について紹介したいと思います。

 

転職サイトでの求人の探し方

 

転職サイトでは一般的に

 

  • 勤務地
  • 業種
  • 職種
  • 希望条件
  • 特定の自分で考えたキーワードによる検索

 

といった検索機能がついていると思います。

登録したばかりの頃はこれらのどれかの検索機能を使って、自分のエントリーする求人を探すのですが、このような広範囲な求人検索は基本的に1度だけで構いません。

あとは

 

  • 転職サイトごとに新着求人の更新曜日を把握する
  • 毎週の特定の曜日に更新される新着求人だけをチェックする

 

ということを行えばその転職サイトの求人はすべて網羅して探していることになります。

転職サイトでは週2回更新のところもあるので注意して欲しいと思います。

在職中で毎回の新着求人のチェックをする時間がない場合には

 

  • 転職サイトで希望条件を登録する
  • それに該当する新着求人が出てくればメールで届けてもらう

 

というようにメールサービスを利用していきましょう。

 

求人がない!多くの転職活動が間違う箇所とは?

 

求人の探し方という意味では登録している

 

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

 

の数が少ないという人も多いです。

なかなか内定が出ないという人は圧倒的に登録している転職サイトが少なく、結果としてエントリーしている企業数も少ないということもあります。

たしかに転職サイトに登録していくのは面倒ではありますが、それぞれ転職サイトには独自の求人が掲載されています。

知らないだけで登録していない転職サイトには条件に合う求人がある場合もあるので、機会損失にないようにしていきましょう。

 

求人がない職種で求人の求人の探し方

 

特定の職種では求人が本当に少ないというときもあります。

この場合、転職サイトの求人だけを待っていても内定がいつまでも出ないということもあります。

 

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

 

に登録していくのは当然として募集していないところにも採用活動を裏でしていないかを確認していく方法もあります。

 

参照

募集していない会社へ応募!非常識な内定率100%への道

 

効率的な求人の探し方!膨大な求人を一気に探す方法

 

転職サイト、ハローワークでの求人を探していると数が多すぎてしばらく探しているとどの求人が良いのかもわからなくなってきます。

疲労やパソコンによる目の疲れもあるわけですが、

 

  • 転職したいと思った理由を考える
  • 優先したい希望条件をピックアップする
  • 転職理由と希望条件でエントリー先を決めるために優先順位に並べる

 

といったことが非常に重要となります。

ひょっとすれば今後内定が2つ出るかもしれませんが、そのようなときにもどちに入社しようかと迷う必要はなくなります。

この希望条件の優先順位をつけるというのがほとんどの人が意外としていないことです。

そのために

 

  • 冷静に転職先を選べていない
  • 転職後に失敗をして後悔してしまう

 

ということがよく起こるわけです。

時間的にも30分ほどで優先順位をつけることができるはずなので、自分なりに転職活動の軸を用意しましょう。

私個人的には転職したいと思った理由が今回の転職活動の本質になるかと思いますので、これが第1位になるのではないかと思います。

この理由が退職理由と同じになる人も多いのではないかと思います。

 

転職サイトだけで求人の探し方は万全ではない理由

 

一般的に何かの転職サイトに登録して求人を探しているという人は多いかと思います。

しかし求人というのは

 

  • 転職サイトに公開されている求人というのは実は一部
  • かなりの割合で非公開求人のまま採用活動をしている企業もある

 

というようになっています。

つまり転職サイトで求人を探すというのは転職エージェントの非公開求人にまったく出会えていないということで、数多くの企業との出会いを見逃してしまっているということになるわけです。

 

  • 欠員募集の急な求人
  • 特定のスキルを持った人材にエントリーして欲しい求人
  • 人事の要員が少なく公開せずに採用活動をしている求人

 

といった非公開求人は相当な数もありますし、知らないまま転職活動をしてしまっている人は相当多いのです。

非公開求人には

 

  • 転職エージェントに登録する
  • 希望条件を伝えておく
  • 条件に合う非公開求人が出てくれば連絡してもらう

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

転職で評価される人の条件とは?人事評価の裏側を解説

 

というような流れとなります。

上のページにも説明していますがエージェントのメリットは履歴書や面接のコンサルにもあります。

内定率を上げてくれる場合もあるので、非公開求人の紹介とともに何社か登録しておくと良いでしょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト