募集職種と違う職種をすすめる企業!その特徴と入社の判断基準

 

転職では

 

  • 求人に募集職種の掲載や明記がある
  • 内定後は求人の募集職種で働く

 

というようにほとんどの場合なりますが、ごくまれに募集職種と違う職種を提案されたり、また入社後につかされたりといったこともあります。

 

募集職種と違う職種をすすめられる人の条件とは?

 

エントリーして履歴書を郵送したり、また面接を受けた後などにまず募集職種と違う職種をすすめられるということが起こる場合もあります。

このような場合としては

 

  • 募集職種よりも別の職種のほうにより適性があると考えられてしまった
  • 別の職種の所属長に興味を持たれた
  • 募集職種だと条件を満たさないので不採用だが、別の職種だと採用してみたいと思われた
  • 募集職種には経験が足りないので、別の職種で経験を積んだ後に募集職種につけるというような考えを持たれた

 

というような場合が多いと思います。

3つめだと補欠採用のような感じであまり印象は良くないかもしれませんが、その企業に興味があれば別の職種でも良いというように入社する人もいます。

 

募集職種と違う職種をすすめられた場合の対応方法や考え方

 

募集職種と違う職種をすすめられた場合にはまず考えるべきことなどがあります。

 

  • 募集職種での評価はどうなのか?(不採用なのか?)
  • 違うその職種の話を聞いてみる
  • 転職をはじめたときに何を実現したいので転職したのか?

 

この3つのポイントです。

募集職種で不採用となっていれば違う職種で入社するしかその企業に入る方法はないかもしれません。

あとはその企業にどの程度興味があるのかということになります。

企業よりも職種に強い関心があれば当然入社を断るべきというようになります。また転職活動をそもそもなぜ開始したのかということをもう一度冷静に思い出しましょう。

たとえば

 

  • 給与を上げたいので転職を考えた
  • つきたい職種があるので転職を考えた
  • 前職企業から逃れたいので転職した

 

など本音の転職理由があるはずです。

給与が動機ならば、違う職種でも給与が良ければ入社しても良いと思います。

また職種にこだわってスタートしたのであれば別の企業を目指すべきといえます。

前職企業に我慢できなくなったのであれば、職種というよりもその違う職種をすすめられた企業の社風などを検討するべきといえます。

 

入社後の配属で募集職種と違う職種にされてしまった

 

まだ選考中など入社前の違う職種への打診だと良いのですが、悪質な企業に多いのが入社してから求人の募集職種と違う職種につけるパターンです。

この場合、かなり詐欺的な手法もあって

 

  • 最初から募集職種と違う職種につけることを前提に採用活動をスタート
  • 選考でも絶対に募集職種と違う職種につけることは言わない
  • 入社後になって配属の通知で約束が違うというようになる

 

といったブラック企業に多いパターンです。

このような場合には

 

  • 残業代が出ない
  • 長時間労働が蔓延している
  • パワハラなども横行している

 

などブラック企業かあるいはそれに近い状況の企業である可能性も高いといえます。

その場合、入社して数年我慢していても希望職種につけない場合もありますし、第一に

 

  • 離職率が高く、長く勤められない
  • うつ病など健康を害する場合もある

 

といった厳しいシナリオも予想されます。

募集職種とは違う職種にとりあえず配属されたというだけであればまだしも、違法状態が蔓延しているような場合には再度の転職活動が必要となることも多いです。

早めにか、また数年待つのかということですがどうせ一生働けないような企業だと若く有利な状況で良い企業に転職したほうが人生的にはお得だといえます。

 

ハローワークだと募集職種と違う職種をすすめられやすい?

 

ハローワークには今回のようなケースは割合多いといえます。

無料で採用活動ができるので資金力がなかったり、ブラック企業も多かったりといった事情もあるわけです。

また営業では求職者が来ないので事務職で募集しておくというような上で紹介しました詐欺的手法を今でもやっているところもあります。

 

参照

ハローワーク求人は○%がブラック!ブラックを避ける方法

 

募集職種と違う職種をすすめる企業の特徴

 

結論からいいますと募集職種と違う職種をすすめるところはあまり良い企業ではない確率は高めと考えて良いと思います。

というのも

 

  • 採用活動に計画性がないことも多い
  • 詐欺的手法の採用活動をしている企業も含まれるので
  • 違法的なところもある企業の可能性もある

 

といったことで事業計画に計画性がないというような場合もあるからです。

入社してからの苦労を予想すれば無駄に職務経歴を汚して一生にしわ寄せがくないようにしていきましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト