祝日や休日に面接を受ける方法?4つの在職での面接の受け方

 

在職中の転職活動の場合、

 

  • 平日の夜
  • 休日や祝日

 

に面接を受けたいというような場合が出てくるかと思います。

今回は面接を休日や祝日にするというようなケースを想定して疑問の多い箇所について解説したいと思います。

 

在職中の祝日や休日の面接変更の方法

 

在職中の場合、面接を受ける時間を日勤時間中にすることは通常できません。

そのため面接時間や面接の日程調整や変更を依頼することになります。

在職中ということで柔軟に対応してくれるところは多いはずですが、

 

  • 平日の夕方から夜
  • 祝日や休日

 

といった勤務中でない時間に面接してくれるように頼むと良いでしょう。

下のページにも説明していますが、企業にとって採用活動というのは将来的な売上や運営に大きく影響することであり、面接時間の調整や変更には通常応じてくれるものです。

しかし在職中ということを伝えても面接時間を平日の夜や祝日、休日にしてくれないという場合には

 

  • 人を大事にしない企業である
  • 人を大事にしないということで将来性もあまりない企業である

 

というように考えて縁がなかったとスルーして良いといえます。

 

参照

在職中の面接時間の調整!評価が下がらない交渉方法とは?

簡単!将来性のある転職先企業を見極める方法

 

祝日や休日でなく休みを取って面接を受ける方法

 

どうしても面接を受けたい企業があり、祝日や休日への面接の変更がしてもらえないというような場合もあります。

この場合、平日に面接を受けないといけませんので

 

  • 有給休暇を取得する
  • 欠勤をする

 

というような方法となります。

有給休暇が取得できれば一番良いのですが、そうもいかないという場合には無給でも良いので欠勤するしかありません。

ただし欠勤にも理由というものが必要であり、会社を納得させて休むのも仕方がないというような理由を用意しなければいけません。

この欠勤の理由について以下のページで思わず人事や上司も仕方がないというように思いがちなものを紹介しています。

万一の場合にはこのような休む理由を用意して使っていきましょう。

 

参照

現職が忙しい!休まなくても転職活動ができる方法

 

祝日でも休日でも欠勤でもなく平日の面接を受ける方法

 

職種的に営業職など外勤の場合、外回りというように見せかけてその間に面接を受けるという人もいます。

その方法などについては詳しくは以下のページで紹介していますが、意外とばれないものです。

どうしてもというような場合には参考にしてほしいと思います。

 

参照

外回り中に面接に行ける?バレるリスクはどの程度ある?

 

休日や祝日と面接日時の調整を依頼する方法

 

在職中というような場合には面接時間や日程の調整も大変なものです。

他にも

 

  • 給与交渉や給与確認
  • 履歴書や面接の実践的なコンサル
  • 内定後の待遇の確認
  • 現職企業の退職日の交渉代行

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

といったメリットのある転職エージェントを活用していきましょう。

在職中には有利なサポートが多いので希望条件を伝えておき、非公開求人で条件に合うものが出てくれば連絡してもらうと良いです。

エージェントの非公開求人は待遇のレベルが高いので、生涯賃金にも影響してくるはずです。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト