自己PRの書き方!人事は自己PRのココを見ている

 

転職の履歴書、面接では必ずといっても良いほど自己PRを質問されますが、あらためて自己PRの書き方について人事的視点から解説をしたいと思います。

実際のこのページに書かれている自己PRの書き方に沿っていない書き方をしてしまっている人はかなり多いのですが、内定率が下がっている状態でエントリーしてしまっている場合もあるので注意してほしいと思います。

 

自己PRの書き方のポイント

 

自己PRというのは自己紹介といっても良いのですが、

 

  • 今までに得てきたスキル、職務経験
  • 仕事に対する姿勢
  • 人間性

 

といったところをアピールできる箇所といって良いのです。

自己PRというのは企業ごとに大幅に変える必要もないのですが、

 

  • 企業、業種、職種ごとに求めるスキル、姿勢、性格が違う
  • しかし他の志望動機、退職理由などと矛盾しないようにする

 

参照

志望動機の考え方!志望動機の質問の意味や意図とは?

簡単!退職理由を前向き転換しマイナス評価にしない方法

 

といったように企業ごとに多少アレンジしていくと良いでしょう。

自己PRというのは

 

  • 相手先の企業の利益になることがベスト
  • その職種に適正があったり、また仕事ができそうに思わせるものがベスト

 

です。

スキル、職務経験、性格や姿勢をアピールし、最終的に相手先企業にそれをどのように活かしメリットを感じさせるのかということをよく考えていきましょう。

 

自己PRでスキル、職務経験をアピールする

 

スキル、職務経験というのは

 

  • 今までの職務経験を並べてみる
  • それぞれのスキル、職務経験を書いてみる
  • 相手先企業の業種、職種によってそのスキル、職種を前面にしてアピールするのかを選択する

 

というようにしていきます。

 

自己PRで必須となる企業研究

 

自己PRで書くことがない、アピールできることがないという人は非常に多いのですが、このような状態となる場合には厳しい言い方になりますが転職活動でよほど損をしているといっても良いでしょう。

というのも自己PRというのは

 

  • 相手企業の研究をする
  • 相手企業の求めている人材像を把握する
  • 求める人材像から逆算してPRするスキル、経験、性格をピックアップする

 

という作業から生まれるものです。

たとえば営業職から事務職に転職するという場合、自己PRにすることがないという場合には転職活動の基本ができていないと考えられます。

事務職といっても仕事の正確性しか求めていないということではありません。

 

  • 事務作業の改善能力や省力化
  • 事務作業から売上アップの提案力や分析力
  • 営業といった現場部門で必要となる資料の発想

 

などいろいろな可能性があるわけです。

慣れていないと非常に難しいのですが、

 

  • 転職会議などの口コミサイト
  • 四季報
  • その企業のサイト

 

などからできるだけ詳細な情報を集め、そこからその企業が今回採用活動をしている中で必要としているスキルや職務経験や仕事への姿勢をアピールしていくことが必要となります。

実際に人事として履歴書のチェックをしていると、ほとんどの求職者はこの視点が抜けていてそのまま不採用箱に直行となっているのです。

逆に正確にその企業の自己PRの意図を把握すればかなりの確率で書類選考に通過するということもいえるわけです。

 

人事は自己PRで何を見ているのか?

 

自己PRに限ったことではありませんが、面接や書類選考というのは自社の仕事をできそうかどうかということをまず見ているわけです。

 

  • その職種でその企業の求める人材像に合致しているのかを見ている
  • 欠員募集の場合、その担当してもらおうという仕事ができそうかを見ている

 

といったように非常に細かい視点から自己PRは見ているといえます。

仕事ができそうということは、その企業、職種によって基準は違いますのでこの点を上でも説明しました企業研究をするべきということになるわけです。

 

未経験での自己PRの書き方

 

未経験というような転職では自己PRでは特にアピールできることがないという人が多いわけですが、これも難しく考えすぎなことが多いのです。

 

  • びっくりするような長所がなくてもただ真面目に仕事をしてくれれば採用したいと考えている企業も実は多い
  • 前任者の欠点があって退職となった場合に、その欠点がなければ採用するような考え方のところも多い
  • どのような経験でもアピールできることにはなるので、できるだけ応募職種に使えそうなものをピックアップしていければOK

 

というようになるからです。

転職活動といえばすごい自己PRにしなければいけないと考えている人は多いのですが、普通に

 

  • 無遅刻無欠勤を○年間してきた
  • 前任者が体力不足(精神的なところも含む)で退職したので体力、精神力がある人だと採用する

 

というような場合もあるわけです。

 

コミュニケーション能力を自己PRにするときによくある間違い

 

コミュニケーション能力を自己PRにする人は比較的多いのですが、よくあるのが誰とでも仲良くなれるというようなアピールの仕方です。

しかしビジネスでは仲良くなることは必要ありません。

 

  • 必要なことを必要な人に伝える能力
  • 顧客やビジネスパーソンの言っていることを正確に把握する能力
  • 正確に把握し、次の仕事で改善する能力

 

などをコミュニケーション能力といいます。

自己PRの場合にはこれらのことをエピソードなどを用いて説明すれば良いといえます。

 

自己PRで学生時代の職務経験を書いても良いのか?

 

自己PRに学生時代の職務経験を書き、それが今回エントリーする職種と密接に関係しているような場合もあります。

この場合はやはり

 

  • 自己PRには社会人になってからのスキル、経験を書く
  • 学生時代のことについては志望動機、退職理由といった他の箇所で使う

 

というようにしていきましょう。

 

自己PRは長すぎず、言いたいポイントを明確にする

 

自己PRは自分で書いてみれば気づかない人が非常に多いのですが、

 

  • 結論が先に書かれていない
  • アピールポイントを2つ以上入れていて、何が言いたいのかはっきりとしない
  • 無駄に長い

 

といったことも多いのです。

私の長所は○○です。といった書き出しにし、その理由や自己PRを証明するエピソードを加えて後から説明していくというようにしていきましょう。

他にも自己PRでは

 

  • 長所を証明する実績を説明する
  • 実績は具体的に書く
  • 実績は数字も使って真実味を加える
  • 実績を元にして転職先企業でどのように活かし、利益に貢献できるのか?を説明していく

 

といったところも配慮していきましょう。

 

自己PRはどうしてもまとまらない、書けないときには?

 

自己PRは正直いってかなり苦手としている人は多いです。

人事として履歴書を見ていて、この自己PRは良いと好印象なのは1割もないような場合もあります。

逆に自己PRで高評価にするのは難しくないということです。

 

  • 履歴書、面接の実践的なプロによるコンサルを受ける
  • 対象企業の情報をもらって企業研究をする

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

自己PRが苦手でどうしてもまとまらないというような場合には転職エージェントの活用をおすすめします。

おそらく今現在だと自己PRや退職理由など言ってはいけないこと、言うべきことがうまくまとまっていないので常時アピール力が落ちた状態でエントリーしていることも予想されます。

しっかりとしたエージェントにコンサルを受けて、アピール力を上げた状態でエントリーはしていってください。

アピール力が低いままだと内定の出る企業のレベルも低くなって、生涯賃金にも影響してくる場合もあるでしょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト