転職ではうつ病を隠す?隠さないで内定が出る確率は?

 

転職活動ではうつ病が完治した後に行うような場合もあります。

転職では前職の退職理由などを必ずといって良いほど質問されますが、その場合にうつ病についてどのように答えるべきなのか?ということがまず問題となってきます。

またうつ病を再発させない転職活動の方法、そしてうつ病を転職先にバレないようにするにはどうすれば良いのかということについて今回は解説をしたいと思います。

 

転職選考ではうつ病は隠すべきか?

 

人事も昨今の社会の動きというのはよく承知していて退職者の何人かはうつ病になって退職しているというように考えています。

退職理由を聞くというのはいくつかの理由があるわけですが、その中に厳然とうつ病で退職していないかということがあります。

うつ病というのは

 

  • 入社後にうつ病を再発させるかもしれない
  • 休職と復職を繰り返されてしまう
  • 自殺でもされれば企業存亡の危機もありえる

 

ということがあり選考段階でうつ病と話すとかなりの確率で不採用となってしまうでしょう。

少なくても私が人事だとお金を支払ってうつ病を再発させる可能性もあるストレス耐性のない人を雇うことはまずしません。

忙しいときだと面接を途中で打ち切りそのまま不採用とすると思います。

絶対といっても退職理由は脚色してうつ病を悟られてはいえけないとまでいえると思います。

 

面接でうつ病を隠すとバレたときに解雇される?

 

うつ病を隠すというときに経歴詐称を恐れる人がいます。

しかしうつ病では

 

  • すでにうつ病が完治している
  • 転職後もうつ病が再発しない
  • 転職後に戦力になる

 

というような条件を満たすのであれば特にうつ病を面接で申告する必要もないと思います。

そもそもうつ病というのも医学界が勝手に病名をつけただけです。

お金儲けになるので最近は何でも適当な病名をつけたがりますが、本当はうつ病など存在もしないわけです。

転職では正直者が損をするところもあり、本音と建て前のある世界ということは理解しておきましょう。

 

うつ病の退職理由はどのようにポジティブ転換させる?

 

退職理由については前向きな理由に転換しなさいとよくいわれますが、うつ病でも同様に退職理由は構成していきます。

 

  • ノルマがきついなら、顧客1人1人に丁寧に対応していきたおと思い退職した
  • 残業が多いなら、成果を正当に評価してもらいたいので退職した
  • 人間関係が悪いならば、協調性に自信がありチームで協力して働きたいので退職した

 

などというようにうまく転換させていきましょう。

他にも退職理由の転換については個別に以下のカテゴリで説明しているので参考にしていってほしいと思います。

 

参照

退職理由、離職理由

簡単!退職理由を前向き転換しマイナス評価にしない方法

 

うつ病退職は転職後に書類で隠せないのか?バレるのか?

 

転職後には入社手続きで提出するようなものがいくつかあります。

 

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 社会保険

 

などですが、結論からいいますとうつ病で退職しているということがバレる可能性のほうが低いといえます。

上記のような書類にはうつ病による退職といった記載項目はありません。

唯一源泉徴収票には収入額の記載項目がありますが、休職期間が短いとうつ病によって休職している無給期間がわからない場合が多いです。

またうつ病による休職期間が長いとしても最近は無職期間が長い状態で転職してくる人も多く、転職活動がうまくいかなかったのかな?と見過ごす場合もあるでしょう。

源泉徴収票の給与額からうつ病による休職があることが隠せないとすれば

 

  • その年の6ヶ月以上など比較的長い期間休職していて、その後退職した場合
  • この点について不信に思い前職の企業に照会されてしまった場合

 

と2つの条件を満たしたときといえるでしょう。

休職期間が長い場合にはアルバイトをして収入額の矛盾をなくすようなことをする人もいるようですね。

あとは

 

  • ハローワーク求人から転職したケースのごく一部
  • 転職先が過去にうつ病で法的責任を追及されたなど痛い目にあっていて興信所を活用しているようなケース

 

などが該当するといえます。

 

参照

転職先に解雇されたのがばれる?ばれる人の条件とは?

 

うつ病の再発させない転職活動の方法

 

うつ病の場合、前回うつ病になったような条件と同じ勤務環境だとまた再発してしまうという可能性もあります。

再発すれば隠すのも限度があり、解雇されたり、復帰しても勤務環境が悪くなるというようなこともよくあることです。

うつ病になったという場合には転職活動で転職エージェントを活用していくほうが良いといえます。

 

  • エージェントが業種や職種に詳しく勤務状況を聞ける
  • エージェントが転職先の内部情報を持っていることもある

 

参照

転職サイトよりも転職エージェントが有利な理由

 

履歴書や職務経歴書、そして面接の回答内容と実践的なプロによるコンサルも受けることができ、内定率を上げることができるというようなメリットもあります。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト