転職でのヒューマンスキルの本当の意味を解説

 

転職の評価対象によくヒューマンスキルというものが出てきますが、曖昧でよくわからないという人は多いのではないでしょうか?

ヒューマンスキルというのは実際人事として面接をする場合にはよくチェックしていることで、最終面接にまで到達できるか、また内定が出るかで大きな違いとなってきます。

ヒューマンスキルというのはすぐに形成できるものではないのですが、実はヒューマンスキルをすでに豊富に持っているのに面接などで効果的にアピールできていないので内定につながっていないという人も多いのです。

 

転職活動でのヒューマンスキルの意味とは?

 

転職活動においてヒューマンスキルというのは主に人間関係の形成能力を指します。

コミュニケーション能力とも非常に似た意味で使用される場合もあります。

反対語としてはビジネススキルという言葉があり、これはパソコンスキルだったり、実務経験だったりと仕事をしていく中で身につく能力を意味します。

ヒューマンスキルというのは以下のように仕事上の人間関係を形成していくことを指します。

 

  • 同僚、上司、部下との人間関係の形成
  • 取引先との形成

 

つまり仕事をしていく中で関係する人との信頼関係を築く能力を指しますが、曖昧なのでアピールするのも難しいと思います。

ヒューマンスキルをもう少し砕いて分類しますと

 

  • 相手の話をよく聞くヒアリング能力
  • 双方の考えや立場を話し合いで理解し合うネゴシエーション能力
  • 部署、部下、ときには上司も巻き込むリーダーシップ
  • 話を聞かなくても相手の考えを推測する能力

 

などがあります。

業種、職種によっては他にもヒューマンスキルと評価されることもあります。

 

  • ホスピタリティー(おもてなし能力)
  • 論理力や相手を説得する能力
  • 相手に自分の意思を正確に伝える能力
  • 協調性
  • 人柄の明るさ
  • 熱意
  • 体力
  • 自然と持っている雰囲気

 

など性格とも関係するところもヒューマンスキルとなる場合もあります。

ヒューマンスキルといえば何か難しそうですし、アピールして人事に認めてもらうのは余計に大変そうにも思えるかもしれません。

しかしほぼすべての人が何か1つは持っているといえるのがヒューマンスキルですので、あきらめずに探していくとまず何かはアピール材料となってくるでしょう。

ヒューマンスキルをアピールするのは効果的ですが、

 

  • 業種
  • 職種
  • その企業が求めるもの

 

といった志望先によって何をアピールするのかでもまた評価の大きさや人事の反応も違ってきます。

受ける業種や職種を研究して、何が効果的なヒューマンスキルかはよく判断してアピールするべきものをつかむようにしてください。

転職活動でヒューマンスキルをアピールしたい、もしくはアピールしなければ内定が出ない企業にはよく採用されている方法があるのでその方法について説明をします。

 

転職活動でヒューマンスキルを効果的にアピールする方法

 

最初に出てくるのがストーリー性です。

 

  • 後輩についてはリーダーシップを発揮したシーン
  • 上司については属する部署が円滑に仕事を回せるようにしていたこと
  • 取引先から信頼を得るために努力していたこと
  • 顧客相手に心がけていたことやその反応

 

などその関係する人にときには見えていないような場所、時でどのようなことを心がけていたのかということをストーリー立ててアピールします。

またニューマンスキルというのはもともと曖昧なところがあるので、できるだけ具体的に組み立てていきます。

 

  • 数字を入れる
  • 具体的な出来事を元に組み立てる
  • 上司、同僚、顧客などからどのような評価を受けていたのか、実際に言われたことなどを元に組み立てる

 

などが有効的な方法といえます。

 

転職活動でヒューマンスキルをアピールする例、サンプル

 

では1つ例を挙げて説明します。

 

  • 営業職志望で取引先との信頼関係の構築能力をアピールする
  • 以前取引があり今は取引がなくなっているのを復活させたことをアピール材料とする
  • 取引先に定期的に訪問した(合計半年で27回訪問など)
  • 取引先の業務について何度か訪問するうちに聞けるようになれた
  • そのうちに業務上で困っていることも聞けるようになった
  • 自社サービスでその困りごとを解決できることを提案
  • 元来なかったサービスではあったが関係部署と調整することで実現した
  • 取引が回復した

 

このようなストーリーだと取引先との人間関係の形成能力と、自社内の調整能力などもアピールできます。

何もこのようになかなかないようなことだけがヒューマンスキルのアピール材料となるわけではありません。

基本的には他の人があまりしないようなことでしていたことはないか、普段心がけていたことはないかといったラインから探していくと効果的なヒューマンスキルのアピール材料が出てくるはずです。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト