無理しないで働ける会社

 

会社というのは基本的に「赤字にならないでかつ利益を出す」ことが至上命題となります。

そのためどこかの部分では仕事で厳しいところが出てくるものではあります。

経営者も毎日、この辺のお金の出入りには悩みを抱えているものです。

 

限界まで無理をさせる会社

 

そうではありますが、経営者の性格や社風でまったく社員にとってはまったく違った感触を感じるものです。

会社によっては

 

  • 極限まで残業をさせても利益を追求する会社
  • 明確な指示まではないものの残業をしてでも極限まで利益を出さないといけないような社風

 

といったこともあります。

またさらに休日も仕事をしないといけないような雰囲気のところもあるでしょう。

結論からいいますが、考えるべきは「そのような会社で今後も勤務していく自信があるかどうか?」ということです。

そのような会社では給与も良いこともありますが、年をとると体力的・精神的にもいつか若いころのパフォーマンスを維持できないときは必ず来ます。

そのようなときにこのような会社にいるといつか後悔することもあります。

たしかに会社は違法または違法的な状態までやっているので残るかもしれませんが、社員の人生としてはどこまで幸福かは難しいところです。

 

利益と労働時間はある種比例する

 

長く働かされて、利益も出ず、給与も低いという会社や業種は社会的にニーズもないということはいえます。

このような場合には最悪といっても良いかもしれません。

しかしある程度は労働時間と利益と給与は比例してくるともいえます。

一般的には

 

  • 正社員をうまく使う
  • 有期雇用(契約社員、バイト、派遣、パートなど)の労働時間はカットしていく

 

というのが利益への道です。

なぜなら正社員のほうが時給に換算すると安価だからです。

そのため会社がうまくいくかどうかは「正社員をいかにうまく活用しているか?」というところにあります。

 

利益も給与も無理もほどほどなところに入社する

 

個人的にはこれが最善の道ではないかと思います。

たしかに給与もそこそこで贅沢はできないでしょう。

しかし高額給与を狙って過労で体を壊しても意味はありません。

お金のために人生があるのではなく、人生のためにお金があるのであってここを勘違いしている人も非常に多いのが今の時代です。

外から見分けのは難しいですが、

 

  • なぜ高給か根拠もないのにはじめから高額給与の求人
  • 面接担当から脂ぎった利益追求の面が見える
  • 社員がやけに疲れている
  • 夜遅くに面接の案内の電話が来る

 

といった場合にはまず疑うということも1つの選択肢だと思います。

別の記事「定時に帰れる職種は何があるのかを聞いてみた」でも紹介していますが、職種で楽に勤務できるところを選ぶという方法もあります。

また会社の社風や勤務の様子を見極めていく質問をして判断していくことも重要ではないかと思います。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト