転職の応募では迷わない

 

サイトなどで良さそうな求人を見つけたとします。

すぐにエントリーをして応募する人と、そうではない人もいます。

この両方の行動の違いは案外大きな転職活動での成果の差を生みます。

 

応募は早いほうが有利なこともある

 

会社の採用活動にもパターンがあります。

 

  • 一定の応募の期日まで待って、そこから面接をしていく
  • 応募の順番に面接をしていく
  • さらに応募者から面接をし、順次内定を出していく

 

大きく分けるとこの3つに分かれます。

この点については別の記事「転職の書類選考では早く応募したほうが有利か?」でも紹介していますが、特に2つめや3つめに該当する場合には応募に迷っているうちに選考で不利になったり、選考自体が終わるということもよくあります。

 

応募ではなく面接で迷う

 

迷うということであっても、その迷う点はいくつかあります。

 

  • 職種
  • 業種
  • 勤務地
  • 給与
  • 採用されるかわからない

 

いちいち迷うのはもっともですが、個人的には応募で迷う必要はないと思います。

応募の書類選考やネットでのエントリーで通過できないこともあります。

そのため迷う必要もなく、言い方は良くないですがとりあえずエントリーしていて、面接などの段階でその会社を判断するのが良いと思います。

面接の段階では相手の会社に実際に訪問したり話しての結果で、応募の段階での迷いよりも具体的なもので信頼のおける迷いであると思います。

 

応募で迷う傾向のある人は内定が遅くなる

 

これも人事ではかなりの人が感じていると思いますが、応募の段階で迷ってしまって実際にエントリーしないこともよくあるという方の場合、積極的に応募する人と比較すると内定が遅いということです。

応募するしないというだけではなく、その他の転職活動全般において行動が消極的になっている可能性も高いのが原因だと思います。

たしかに応募の段階で迷うこともありますが、その後しばらく迷う求人さえも長く出現してこないこともよくあるものです。

また面接などで行く会社が多くなればそのときに断れば良いのであって、とりあえずエントリーしておくというのが重要な姿勢ではないでしょうか?

より転職での内定を早く出したい方は「なるべく早く内定を取りたい人のために元人事がおすすめする転職の方法」を参照してみてください。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト