転職で鬱に

 

この気持ち非常によくわかります。

 

  • 転職サイトで求人を検索してエントリーしても不採用になる
  • そのうちに検索することに精神的に苦痛を感じてしまう
  • 面接を受けてもなかなか採用とならず社会で必要とされていないのではないか?と思ってしまう
  • 無職で外に出るのも少し恥ずかしくなってきた

 

私がこれまで感じてきたことばかりです。

鬱病になりそうに感じることもよくあることで、貴方だけが悩んでいるわけではありません。

 

眠りでは悩みが緩和される

 

寝てみて翌日に昨晩の悩みが緩和されているということはよくあります。

これは「眠ることで考えることがストップする」からとなっています。

つまり「対象について考えること」が悩みを増幅していることになっています。

そのため悩みについて考えないという眠りで翌朝に悩みが緩和されているということです。

 

どうすれば考えをストップできるか?

 

大きく分けて2つの方法があります。

 

  • 違うことを考える
  • 考え自体をストップする

 

という方法です。

違うことでは転職以外のことです。

例えば趣味でも良いです。

趣味がなければ転職と関係しないことにしばらく没頭するのも良いでしょう。

一般に転職ではPCで検索するや、書類を作成するといったことが多いです。

そのためまったく関係のないこと、例えば歩くこと、走ること、散歩すること、カラオケ(家でも可)をすることなどが良いでしょう。

特に声を出すのはストレス発散(具体的には累積した感情の発散)に効果的です。

私は歌が好きではないので、祝詞やお経をあげています。

(宗教系の学校出身でした)

 

転職活動中に悩みを生じない方法とは?

 

しかし

 

  • 求人の検索
  • 転職サイトのチェック
  • 書類の作成
  • 面接で訪問すること

 

などをしないといつまでたっても内定にならないのではないでしょうか?という声が聞こえてきそうです。

まことにその通りですが、理想的には「転職活動をしているものの、転職活動をしていることを考えないこと」が最強の境地です。

例えば求人の検索をしているとしましょう。

普通は、「給与が○○だよな」「ここは通過できそうにない」などと考えてしまうと思います。

この時点ですでに「考えている」ので悩むや鬱の原因は生じていることとなります。

つまり「考えないで」検索するということが重要ということです。

案外大したこと考えずに検索していると思いますので、ストップしてもできると思います。

しかしこれは相当な精神力が必要となるので、無理という人も多いと思います。

 

鬱の原因がたまれば発散する

 

とここでまた発散をしていけば問題ありません。

転職活動で「考えずに行う」ことが難しいので、知らないうちに「考えてしまっている」と思います。

良くない感情も蓄積していて、また「鬱になりそう」となります。

これでは循環も良くないので、蓄積しそうな前には発散するということが重要です。

蓄積してしまい感情的におかしくなってしまうと回復に余計に長い時間がかかってしまいます。

ですので前に発散するということになります。

発散は前に述べた転職と関係のないことに没頭するということです。

 

2014年11月追記

 

上記でも紹介していますが、「転職活動に疲れたら上手に気分転換しよう」のページにもあるような上手な気分転換をしていないと面接官にもその様子は感じ取られてしまうこともあります。

別の記事「書類選考や面接で人格否定された!否定から内定への道」でも紹介しましたが、不採用になってもあなたのすべてが否定されたわけではありません。

ただその企業から不採用となっただけにすぎない、別の企業できっとあなたを必要としているところがあるということを忘れないようにしましょう。

人事から見て登録するべき転職エージェント


東京・埼玉・千葉・神奈川・福岡圏・名古屋圏のみですが20代をターゲットにした専門の転職エージェントです。
未経験でも足きりなく非公開求人を紹介してくれます。
30代になる前に一生のキャリアをここで固めておきましょう。


⇒ ハタラクティブはこちらから
⇒ ハタラクティブのレビューはこちら




20〜30代の転職サービスです。
首都圏、関西圏の求人が多いです。
内定までのサポート力も大手なので安心できます。


⇒ マイナビAGENTはこちらから




東京、神奈川、千葉、埼玉をターゲットにした専門の転職エージェントです。
日本最大級のエージェントということで求人数とサポート力は頭1つ抜けています。


⇒ typeのレビューはこちらから



人事おすすめの転職サイト